プロが実践する良質なプラン作成のコツ3選③

前回より、オペレーターが作成するプランには主に3つの優れた特徴があり、出張時の手配は旅行代理店などのプロのオペレーターに委託することが望ましいとご紹介しています。
オペレーターが作成するプランには以下の3つの優れた特徴があります。

  1. 出張者に負担の少ないプラン
  2. 安全性が最大限考慮されているプラン
  3. 手配内容に網羅性のあるプラン

1つ目の特徴「出張者に負担の少ないプラン」、2つ目の特徴「安全性が最大限考慮されているプラン」に関しては下記記事で紹介しています。
① 出張者に負担の少ないプラン
② 安全性が最大限考慮されているプラン

一般の方が手配する際には見落としがちな手配内容までも、網羅したプランを提案するオペレーターの知見や観点を紹介します。

特徴③ 手配内容に網羅性のあるプラン

今回は数ある手配の中でも悩む出張者が多いビザの手配に着目してご説明します。
日本国籍のパスポート所持者がビザなしで渡航可能な国は190か国にもおよぶと言われています。
しかし、ビザの取得が必要な国も30ヶ国超存在します。
この状況は大変便利な一方で、注意力を欠いてしまうことに繋がっています。
ビザを必要とせずに入国できる国が圧倒的に多いため、必要とする国を訪れる際にビザを要することを見落としてしまう人は珍しくありません。

加えて、出張による渡航では観光時以上に、ビザの取得が義務付けられている場合が数多くあります。また、ビザ取得は要件が細かく設けられおり、訪問先の地域はビザが必須であるかどうか、判断することが難しくなっています。

ビザ取得時の基準や懸念点を紹介していきます。

--------------------

ここから先は資料請求をしていただくと閲覧することが出来ます。
資料請求を指定いただくと以下のコンテンツがご覧いただけます。

  • 失敗しないビザ手配を実現する3つの観点
  • 業務渡航が増加する今だからこそ取り組むべきこと